薬剤師の転職お役立ちコラム COLUMN

2020/05/01

薬剤師は副業できるの?おすすめの職種から注意点まで詳しく紹介

普段は薬剤師として働いている方の中には、副業を検討している方が少なくありません。薬剤師の中には、副業OKの業種や職種もあれば、全面的に禁止されているケースもあるため、実行に移す場合は慎重な行動が求められます。

副業が可能な場合、当然薬剤師の資格とは無関係な業界を選ぶことはできますが、働きやすさを考えると知識や経験を活かせる仕事は捨てがたいものでしょう。
そこで当記事では、薬剤師の資格や経験を活かして働ける、おすすめの副業について紹介します。薬剤師が行える副業について興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

1.薬剤師は副業できる?

薬剤師は、基本的に一部の方を除いて副業が可能です。副業を法律で禁止されている薬剤師には、以下の2つがあります。

  • 公務員の薬剤師
  • 管理薬剤師

公務員試験に合格して、国公立病院などで勤務している場合は、公務員の薬剤師にあたります。他にも、国や自治体の薬事行政・薬事衛生・環境衛生に関わっている薬剤師も同様です。
教師など他の公務員と同じく法律で副業を禁じられており、副業を行ったことが発覚すると、停職や免職などの処分を科される可能性があります。

管理薬剤師の副業も、法律で禁じられている行為です。ただし、公務員の薬剤師と比べて「都道府県より公益性を認められる場合は兼業可能」という、柔軟な条件が設けられています。例えば、薬剤師会による事業の場合は、副業を認められる可能性が高いでしょう。

公務員薬剤師や管理薬剤師に当てはまらない薬剤師は、副業を法的に禁止されていません。調剤薬局やドラッグストアなど民間企業に勤務している薬剤師のうち、管理職ではない方であれば、常識の範囲内での副業が可能です。

ただし、調剤・服薬指導・患者対応・医薬品管理などすべての業務を1人で担う「1人薬剤師」の場合は、管理者とする明確な肩書きがなくとも注意してください。部下がいなくとも、副業が法的に禁じられている管理薬剤師にあたる可能性があります。

2.薬剤師におすすめの副業5選

薬剤師の資格を活かすことで、さまざまな業種で仕事を探すことができます。中には接客する必要のないデスクワークもあるため、本業とは異なるスタイルで働きたい方は医療業界にこだわらず、幅広い業種で仕事を探してはいかがでしょうか。

ここでは、薬剤師におすすめの副業を5つ取り上げ、それぞれの特徴をメリット・デメリットとともに紹介します。

2-1.薬局薬剤師

薬局薬剤師は、調剤薬局で調剤・服薬指導を行う薬剤師です。薬局薬剤師は多くの薬剤師にとって馴染み深い業務内容であるため、安心して働くことができます。人手不足により、週2日程度のアルバイトやパートでも2,000円前後の時給で働けるところも少なくありません。

  • メリット…慣れた業務内容であるため、ストレスや戸惑いが少ない
  • デメリット…休みが集中している場合がある

注意点は、調剤薬局は近隣のクリニックに休みを合わせるため、特定の曜日に休みが集中してしまう可能性があることです。近くの薬局が勤務希望日に休みの場合は、少し距離の離れたエリアなどで薬局を探しましょう。

2-2.病院薬剤師

病院薬剤師は、病院で調剤や服薬指導を行う薬剤師です。副業として病院で働くためには、基本的に平日勤務できる方でなければなりません。そのため、ドラッグストアなど平日に休める可能性の高い仕事を本業として持つ方におすすめです。

  • メリット…病院薬剤師としての経験が積める
  • デメリット…求人の母数が少ない

病院は曜日ごとに忙しさが異なり、忙しい曜日の勤務を希望する人材が喜ばれます。副業として病院で働くことは、病院薬剤師としての経験を積みたい方に最適です。

ただし、ドラッグストアや薬局と比べて求人募集の母数が少ないため、病院薬剤師を希望する方は、こまめに求人情報をチェックしましょう。薬局と同じく、人手不足ゆえの高時給が期待できます。

2-3.ドラッグストア

ドラッグストアで働く薬剤師は、調剤は行わず、主に市販薬の販売・服薬指導を行うことが仕事です。市販薬に関する幅広い知識と、販売スタッフとしての接客スキルを磨くことができます。

  • メリット…働く時間や曜日の融通がききやすい
  • デメリット…シフト制で休みが不定休になりやすい

夜遅い時間帯まで営業している店舗が多く、本業の後に数時間程度のみ勤務することが可能です。土日や祝日もドラッグストアは営業しておりシフト制で時間や曜日の融通がききやすい反面、不定休になりやすいため、スケジュール調整には注意しましょう。

2-4.翻訳業務

外国語で書かれた医薬品関係の書類を翻訳する業務は、外国語が得意な薬剤師にとっておすすめの副業です。自宅で作業できるため営業時間や、出勤する曜日を気にかける必要がありません。

  • メリット…自分のペースで仕事ができる
  • デメリット…医療関係に絞ると依頼案件が少ない

医療関係の翻訳案件に取り組むと高い報酬を期待できますが、案件数が少ないため、複数の募集サイトを併用するなど仕事探しに工夫が求められます。

2-5.メディカルライター

医学や薬学に関連する記事を執筆するメディカルライターは、薬剤師の知識・経験を活かして取り組める副業です。薬剤師の資格を活用することで、一般的なライターよりも高単価な案件に取り組めます。

  • メリット…薬剤師の知識・資格を活かせる
  • デメリット…案件によって報酬が異なる

注意点は案件ごとに報酬などの条件に差があることです。条件の良い案件を慎重に選びましょう。翻訳業務と同様に在宅ワークの場合が多く、好きな時間帯・曜日で働けるため、本業がドラッグストア勤務など不規則な勤務時間の方も始めやすい副業です。

3.薬剤師が副業をする場合の2つの注意点

公務員薬剤師や管理薬剤師ではない方は、法律的に副業は可能ですが、注意点がまったくないわけではありません。薬剤師が副業を始める上で、最低限注意すべき点は2つあります。

ここでは、薬剤師が副業を検討する上で、注意すべき2つのポイントについて紹介します。

3-1.①勤務先の就業規則を確認する必要がある

勤務先によっては、就業規則で副業を禁止している場合があります。法的に禁じられていなくとも、就業規則を破ると会社から何らかの処分を受けたり、評価が著しく下がったりする可能性があるため注意してください。

【勤務先とのトラブルを未然に防ぐためのポイント】

  • 就業規則を隅々までチェックする
  • 上司や経営者に、副業について確認する

従業員数が少ない勤務先の場合は、就業規則が明確に定められていないところがあります。上司や経営者などに必ず確認して、トラブルを回避しましょう。

また、会社に隠れて働くことができたとしても、年末調整や確定申告などで副業が発覚する可能性があります。トラブルとならないように、自分の勤務先では、副業が認められているか否かについて、事前に確認することが大切です。

3-2.②扶養の基準額を超える可能性がある

結婚後、薬剤師として働いている方の中には、扶養控除の範囲内に収まることを意識している方が多くいます。扶養控除の範囲内に収めて働く場合、薬剤師は通常の副業と比べて高時給を得られるため、こまめな確認とシフト調整が必要です。

【扶養控除の基準】

  • 年収103万円以下…夫婦両方の所得が控除される
  • 年収150万円以下…夫の所得のみ控除される
  • 年収201万円以上…扶養控除の対象から外れる

上記の金額を目安にして、収入額に注意してください。また、年収を130万円以上得ると、配偶者が勤務する企業の社会保険から除外されるため、保険料の支払いが必要となります。

4.副業を探すなら「薬剤師転職支援サイト」を活用しよう!

効率良く副業を探すためには、「薬剤師転職支援サイト」を活用することをおすすめします。薬剤師の転職に特化した支援サイトを利用すると、以下のメリットが得られるためです。

  • 副業を前提とした求人を見つけやすい
  • 地域や最寄り駅など条件ごとに求人を探せる
  • 担当のキャリアアドバイザー・コンサルタントに相談できる

薬剤師転職支援サイトでは、副業に関する求人が多数掲載されているため、地域や鉄道路線などエリアを絞った仕事探しが可能です。さらに、時給や福利厚生など待遇面で比較することもできます。

また、担当のキャリアアドバイザーに相談できるサイトが多く、希望する勤務地や条件で見つからない場合は、仕事探しについてサポートを受けることが可能です。

近年は「女性が働きやすい」「Iターン・Uターン」など特集ページを用意している薬剤師転職支援サイトが多いため、一度利用を検討してはいかがでしょうか。

まとめ

公務員薬剤師や管理薬剤師などの条件に当てはまらない限り、ほとんどのケースで薬剤師は副業ができます。ただし、就業規則などで副業を制限している職場があるため、事前に副業OKか否かを確認しておきましょう。

この記事では、薬剤師の資格や知識・経験を活かして働ける副業を5つ紹介しました。自分のキャリアプランやライフスタイルに合わせて、最適な仕事を選びましょう。

薬剤師転職支援サイトを活用することで、病院・薬局・ドラッグストアから製薬会社までさまざまな求人を探すことができます。薬剤師として副業を探している方は、さまざまな求人から理想の職場を探せる薬剤師転職支援サイトの利用を検討しましょう。

薬剤師の転職お役立ちコラムトップへ戻る

新着コラム

実績8,000人以上!!

薬剤師の転職サイト「ファーネットキャリア」では、 あなたのご希望条件に合った案件をご提案するため、掲載求人以外にも全国11万件以上の医療機関情報を元に求人案件をお探し致します。

しかも、経験豊富なコーディネーターが案件のご提供、面談シミュレーション、アフターフォローまでばっちりサポート!医療業界20年以上の就職・転職サポート実績のある株式会社ユニヴだからこそ実現出来る、安心の薬剤師転職サポートを是非ご体験ください。