薬剤師の転職お役立ちコラム COLUMN

2020/05/01

「病院薬剤師」と「薬局薬剤師」の違い|働くメリット・受験資格

薬剤師の仕事内容は調剤や治療薬の処方など、主に医薬品に関わることがほとんどです。さまざまな治療薬が存在する現代において、薬剤師は欠かせない存在となっています。

しかし、薬剤師としての働き方によって、病院薬剤師や薬局薬剤師と異なる呼び方がされることを、知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、病院薬剤師と薬局薬剤師の違いから、病院薬剤師として働くメリットまでを解説します。病院薬剤師について知りたい方は参考にしてください。

1.「病院薬剤師」と「薬局薬剤師」の違い

同じ薬剤師でも病院薬剤師や薬局薬剤師と名称が異なる理由は、勤務する職場が異なるためです。町の調剤薬局やドラッグストアに勤める薬局薬剤師に対し、病院薬剤師は診療所や病院の薬剤部・院内薬局などに勤務しています。

勤務する職場の違いは、薬剤師としての働き方に影響するポイントです。ここでは、病院薬剤師と薬局薬剤師の仕事内容や、必要となるスキルの違いを紹介します。

1-1.仕事内容

薬剤師の仕事内容を病院薬剤師と薬局薬剤師で比較すると、薬局薬剤師にはいくつか行わない業務が存在します。

仕事内容 病院薬剤師 薬局薬剤師
調剤業務
製剤業務
注射調剤業務・注射薬混合調製業務
救命救急業務 ×
医薬品情報業務
医薬品管理業務
治験業務 ×
病棟薬剤業務
薬剤師外来
専門薬剤師
チーム医療

(○=行う/×=行わない/△=一部行う)

製剤業務・専門薬剤師・チーム医療などは、在宅医療の推進といった環境が整ってきたことで、薬局薬剤師も一部行うケースがあります。一方で、救命救急業務・治験業務は、病院薬剤師のみが行う業務です。

1-2.必要なスキル・条件

病院薬剤師は病棟業務が多く、医師のカルテや検査データを参照したり、医療チームに加わったりします。もし医師の処方箋や指示に疑わしい点があったときは、薬剤師として疑義照会しなければなりません。
病院薬剤師は高度医療に携わる機会も多いため、絶えず勉強を続ける姿勢などが必要です。

その他、病院薬剤師に求められるスキルや条件は以下のとおりです。

  • 薬学管理の専門家としての判断力
  • 調剤や製剤の知識
  • 救命救急や治験など、高度な業務に携わるための勉強

調剤薬局などに勤務する薬局薬剤師は、調剤室で調剤業務をこなすだけでなく、来訪したお客さんの対応も業務内容に含まれます。そのため、お客さんを不快にさせない接客スキルや、体調、常用薬についてヒアリングする能力が必要です。

その他、薬局薬剤師に求められるスキルや条件は以下のとおりです。

  • 接客スキル
  • 調剤の知識
  • ヒアリングや服薬指導・服薬歴の管理など、お客さんに寄り添った対応を行う姿勢

2.病院薬剤師として働く4つのメリット

病院薬剤師には、病院薬剤師ならではのメリットが存在します。

実際に病院薬剤師として働く場合、あらかじめどういったメリットがあるのか把握することで、転職後にギャップを感じることも少なくなります。

ここでは、病院薬剤師として働くときのメリットを4つ解説します。

2-1.臨床医療・チーム医療に携われる

病棟で勤務する病院薬剤師は、臨床医療・チーム医療に携わることができます。入院治療や救命救急治療に薬学管理の専門家として関わり、さまざまな疾患と症状について学べることは、病院薬剤師の特権です。

病院薬剤師の多彩な業務をこなすためには日々の勉強が欠かせないものの、学んだ知識の成果を活かし、スキルアップできる場は豊富に用意されています。
また、臨床医療・チーム医療に携わる中では、自分から処方提案や意見するケースもあります。責任も大きいものの、提案した内容が採用され、患者の症状に対して効果が見られたときには大きなやりがいを得ることが可能です。

処方した医薬品で患者が元気になったときは、病院薬剤師にとって喜びを感じられる瞬間でもあります。

2-2.薬剤師として最先端の医療現場に立てる

病院の医療現場では、新薬の抗がん薬や抗菌薬などを使用するケースがあります。承認されたばかりの新薬は情報量が少ないため、率先して新薬の情報収集を行い、医師へ情報提供しなければなりません。

新薬の安全性や副作用・併用禁忌について調査し、投与量や使用方法の提案を通して最先端の医療現場に立てることは、病院薬剤師ならではのやりがいです。

また、治験業務では、開発中の治験薬について被験者のモニタリングや症例報告を行います。新しい治療法・予防法についての研究に携われる点は、病院薬剤師のメリットです。
治験業務に携わる病院薬剤師は、治験薬の保管管理を任される治験薬管理者に選任されることもあります。

2-3.病院薬剤師ならではの知識を得られる

病院は医師・看護師・医療技術職など、さまざまな医療スタッフが働いている施設です。病院薬剤師は専門性がある他職種の方と関わることで、病院薬剤師ならではの知識を得ることができます。
医師に処方薬が使われる具体的な症例や薬学療法について聞いたり、看護師による投薬方法を見たりなど、病院における薬の使い方を間近で確かめることは貴重な経験です。

病院薬剤師は、入院患者と関わる機会も少なくありません。患者から服薬状況について相談をされたときに詳しくヒアリングできる点は、病院薬剤師ならではの魅力です。病院薬剤師は薬以外の質問を受けることもあるため、患者への対応力やコミュニケーションスキルも磨けます。

2-4.長く勤めるほど基本給がアップする

調剤薬局などで勤務する薬局薬剤師と比べると、病院薬剤師の初任給は低いとされています。しかし、病院には定期的な昇給があり、長く勤めるほど基本給はアップすることが魅力的なポイントです。
基本給の金額はボーナス・退職金の算定に大きく影響するため、病院薬剤師は長く勤めるほど年収アップの可能性が高くなります。

3.病院薬剤師として働くためには?

病院薬剤師として働くためには、前提として薬剤師国家試験に合格し、薬剤師免許を取得する必要があります。薬剤師免許がない方は、薬剤師求人への応募や就職・転職ができません。

薬剤師国家試験は受験資格が定められており、受験資格を得るためには、主に2通りの方法があります。

①6年制大学で薬剤師養成課程を卒業
②4年制大学で薬学課程を卒業し、薬剤師受験資格が得られる大学院で、薬学の修士または博士課程を修了
(2006年~2017年に大学を入学した方に限る)

試験内容は、必須問題90問・一般問題255問の計345問を2日に分けて受験する形式です。試験問題は以下の7科目から出題されます。

  • 物理、化学、生物
  • 衛生
  • 薬理
  • 薬剤
  • 病薬、薬物治療
  • 法規、制度、倫理
  • 実務

合格基準は、総点が基準以上であり、科目ごとの足きりにかかっていないことです。総点が合格基準以上でも、科目ごとの足きりにかかっていると不合格になってしまうため、注意してください。

薬剤師国家試験に合格すると、自動的に薬剤師免許が届くわけではありません。試験の合格証書が届いた後は、免許申請の手続きを行います。免許申請に必要となる書類は、以下の5点です。

  • 薬剤師免許申請書
  • 診断書
  • 登記されていないことの証明書
  • 戸籍謄本または抄本
  • 登録済証明書(はがき)

必要書類を最寄りの受付窓口に提出することで、薬剤師名簿に登録が行われ、免許証が発送・交付されます。免許申請から交付までにかかる期間は2~3ヵ月程度です。その後、薬剤師免許が有効化され、晴れて病院薬剤師として働く準備が整います。

まとめ

ここまで、病院薬剤師と薬局薬剤師の違いから、病院薬剤師として働くメリットまでを解説しました。

病院薬剤師は病院内で勤務する薬剤師であり、薬局勤務の薬局薬剤師とは異なる働き方です。病院薬剤師ならではのメリットもたくさんあり、非常にやりがいのある仕事といえます。

病院薬剤師として働くためには、薬剤師国家試験に合格して、免許申請の手続きが必要です。薬剤師になるためには避けられない道のりであるため、まずは国家試験の合格を目指しましょう。

薬剤師の転職お役立ちコラムトップへ戻る

新着コラム

実績8,000人以上!!

薬剤師の転職サイト「ファーネットキャリア」では、 あなたのご希望条件に合った案件をご提案するため、掲載求人以外にも全国11万件以上の医療機関情報を元に求人案件をお探し致します。

しかも、経験豊富なコーディネーターが案件のご提供、面談シミュレーション、アフターフォローまでばっちりサポート!医療業界20年以上の就職・転職サポート実績のある株式会社ユニヴだからこそ実現出来る、安心の薬剤師転職サポートを是非ご体験ください。